プレミア化した驚愕のゲームサントラ達

皆さんはゲームのサントラって持っていますか?
ミュージシャンのCDはほとんどの人が持っていると思いますが、ゲームのサントラを持っている人はそんなに多くないのではないかと思います。

ゲームのサントラ、つまり「ゲームミュージック」は、当たり前ですが、ゲームをプレイする際に流れる音楽です。
グラフィック、キャラクター、ストーリー、システム、そして音楽……。様々なモノが合わさり1つのゲームが出来上がっています。つまり、ゲームミュージックとは、「ゲームを構成する要素の1つ」でしかなく、極端な事を言うとゲームが無ければゲームミュージックも存在しえないわけです。

その為、ゲームのサントラは普通のCDに比べると出荷枚数が少ない事が多く、中には目玉が飛び出るようなプレミア価格になっている物があります。
今回はそんなゲームサントラの中からおススメの商品を5つご紹介したいと思います!

スーパードンキーコング2 15万円

「スーパードンキーコング2」は1995年にスーパーファミコン用ソフトとして発売されたアクションゲームです。
スーパーファミコンとは思えない程美しいCGが使われている事で有名です。
そのサントラは驚異のプレミア価格15万円。おそらく、ゲームのサントラの中では最も高価な部類に入ると思われます。

星のカービィ ~夢の泉の物語~ 10万円

「星のカービィ ~夢の泉の物語~」は1993年にファミコン用ソフトとして発売されたアクションゲームです。
現在でも続く「星のカービィ」シリーズの第二作目で、唯一のファミコン用ソフトでもあります。
こちらのサントラはプレミア価格10万円。カービィ関連のサントラは他にも発売されていますが、その中でもダントツのプレミアがついています。

魔界村音楽大全 10万円

「魔界村」は1985年にアーケードゲームとして世に出たカプコンの人気アクションゲームです。その後、家庭用ゲーム機などでいくつのもシリーズが発売されています。
「魔界村音楽大全」はそんな魔界村シリーズの音楽をまとめたコンプリートボックスです。CD7枚組、更にスーパープレイを収録したDVDが2枚付いています。
元の価格が1万円という事もありますが、現在の価格およそプレミア価格10万円です。

がんばれゴエモン でろでろ道中おばけてんこ盛り 9万円

「がんばれゴエモン でろでろ道中おばけてんこ盛り」は1998年にNINTENDO64用アクションゲームです。
コナミが世に出した人気シリーズ「ゴエモン」の1つで、2020年現在、シリーズは中断されていますが、今でも根強い人気があります。
特に本作は曲の出来栄えが良いと高評価です。
今現在、プレミア価格約9万円前後でやりとりされています。

メタルスラッグ コンプリートサウンドBOX 7万円

「メタルスラッグ」は1996年にアーケードゲームとして世に出たアクションゲームです。
半端無いドットの書き込みと、シビアなバランスが人気となり、その後も続々とシリーズ化されました。
本作はそんなメタルスラッグの10周年を記念して作られたコンプリートボックスで、CD8枚組、幻の音源などのCD化された完全生産限定盤です。
元が1万5000円の商品ではありますが、現在プレミア価格7万円になっています。

ゲームサントラはプレミアがつきやすい!?

いかがでしょうか?
どれもゲーム機そのものが買えるほどの値段になっています。
しかし、それほどのプレミア価格になるほど素晴らしい曲が目白押しであるとも言えます。
気に入ったゲームのサントラはできるだけ早く買っておくと良いかもしれませんよ。